生活習慣病の予防できる【明日葉の青汁の効果を紹介】

高血圧の予防や改善に

飲み物

カリウムが塩分を追い出す

ストレスや飲酒など、高血圧になる原因は数々ありますが、塩分の取り過ぎが原因の場合も多くなっています。血圧コントロールの基本は塩分の摂取量を制限することですが、その際は青汁を併用することも、有効な高血圧対策です。血圧を下げる栄養成分では、カリウムを真っ先に挙げられますが、青汁にはこのカリウムが豊富に含まれています。とりわけ明日葉は、ほかの野菜と比べてカリウムが沢山入っているため、高血圧対策では明日葉を使用した青汁が一押しです。明日葉に含まれるカリウムは、尿を作り出す肝臓の尿細管に作用して、体内の水分と一緒に、ナトリウムを体外へ追い出す働きがあります。そのことで体内の塩分量が下がり、血圧の安定に貢献してくれるのです。カリウムを活用してナトリウムを排泄することは、減塩と併せて行うことが推奨されていますので、明日葉の青汁を上手に活用しましょう。高血圧をそのままにしておきますと動脈硬化を招き、さらには心臓病や脳卒中を起こす引き金になりますから、明日葉の青汁でそれらの予防に取り組むことがおすすめです。また、明日葉だけしか持たないポリフェノールのカルコンには、血液中の血小板の凝集を抑える働きがあるため、血栓を予防して、血液をサラサラにする効果も望めます。そのほか、カルコンは血中のコレステロールを下げる作用も備えており、そのことで動脈硬化の発症リスクを下げられるなど、優れた効能を期待できることが研究により分かってきました。

婦人

青汁の選び方

日本で昔から食用として利用されてきた明日葉には様々な栄養素が含まれており、健康や美容を改善する効果があります。青汁を購入するときにはケールや大麦若葉だけではなく、明日葉も配合されている商品を選ぶことをおすすめします。

ウーマン

緑黄色野菜は簡単に摂れる

日常の食生活を劇的に変える必要がなく、ゴクゴク飲むだけで野菜を補えることが青汁の利点です。特に明日葉の青汁には食物繊維をはじめ、ナイアシンを含むビタミンやミネラルがバランス良く入っており、カルコンという希少な成分も含まれているため、栄養価の高い青汁になっています。

飲料

元気のための栄養補給

いつもの食事はそのままに、手軽に野菜を摂取できることから、青汁が人気になっています。原材料では栄養価に優れる明日葉の注目度が高く、各種栄養に加え、明日葉だけが持っている黄金のポリフェノールが含まれることも外せない魅力です。この成分は、生活習慣病の改善にも嬉しい効果が数多く期待されています。