生活習慣病の予防できる【明日葉の青汁の効果を紹介】

元気のための栄養補給

飲料

魅力の黄金ポリフェノール

日本人が野菜を沢山食べていたのは今や昔の話となっており、現在では食の多少性により、野菜を食べることも少なくなってきました。しかし、野菜の摂取不足は生活習慣病の発症を高める一因とされているため、かつての日本人のように野菜を沢山食べることが理想的とされています。ですが既に肉食などに親しんだ方が、粗食や野菜中心の生活に移行するのは簡単なことではありません。そのため、野菜不足を解消する方法として、青汁に注目が集まっているのです。青汁なら、いつもの食事メニューはそのままに、水へ加えて飲むことで野菜の摂取が終わるため、その手軽さが人気の秘訣になっています。特に明日葉の青汁の注目度は高く、いろいろなメーカーから発売されていることが特徴的です。青汁の主役にはケールもありますが、明日葉は必須ミネラルのカリウムやビタミンE、そして食物繊維など、数々の栄養成分でケールの含有量を超えています。ケール自体も栄養価ではほかの野菜より優れていますが、明日葉にはそれを上回る栄養価があるため、青汁では人気の野菜になっているのです。また、明日葉は茎などを切りますと、断面から汁が出てくるのですが、その黄色い液体に含まれることから、黄金のポリフェノールと呼ばれるカルコンが入っていることも、明日葉独自の魅力になっています。この成分は明日葉以外の野菜ではあまり見られない貴重なポリフェノールで、抗酸化作用や抗菌作用をはじめ、抗炎症性作用や血栓の抑制、そして内臓脂肪対策など、生活習慣病の改善に嬉しい効果が数多く期待できるのです。