生活習慣病の予防できる【明日葉の青汁の効果を紹介】

緑黄色野菜は簡単に摂れる

ウーマン

野菜はゴクゴク飲む時代

フィッシュベジタリアンと例えられるほど、かつての日本人は魚や野菜を中心とした食生活を送ってきました。ですが今では食の欧米化もすっかり定着した結果、比較的野菜を食べている筈の高齢者でも、国が示した推奨量に届いていないといった統計が出ています。さらに40代以下の年代では一層緑黄色野菜が足りておりませんから、メタボや生活習慣病などを招いても、不思議ではない状況となっているのです。そこで、野菜が足りていない方々におすすめできるのが、健康食品の青汁になります。青汁ならゴクゴク飲むだけなので、日常の食生活を劇的に改変する必要もなく、緑黄色野菜を簡単に補えることが利点です。しかも青汁は保存性にも優れていますから、フレッシュの野菜と違って、保存中に栄養が抜けてしまったり、食べ切れずに腐らせてしまう心配もありません。そして、どの青汁を買うか迷った時は、明日葉を使っている青汁を選んでみると良いでしょう。明日葉には食物繊維をはじめ、ナイアシンを含むビタミンやミネラルがバランス良く入っており、栄養価の高さでは、並み居る野菜の中でも群を抜いています。そのうえ明日葉は、カルコンという希少な成分を含んでいることも強みです。カルコンは緑茶でお馴染みのカテキンと同じポリフェノールの仲間であり、強い抗酸化作用を持っています。普段の食事では補い難い成分でもありますので、毎日の健康維持には、明日葉の青汁が頼れるパートナーになってくれるのです。